2019年・令和元年もありがとうございました

インフィル 特別鑑定士 MAKI

インフィルジャパンの主は アメリカ・GUAM と日本・京都にあります。

日本での主がなぜに「京都」なのか・・というと「古きもの尊み、新しいものを愛する」

この精神が古(いにしえ)より変わらず普通に存在する都だからだ。と感じています。

この土地に存在するだけで「尊い」自分でいれる気がする。

愛深い「京都」がここちよく、大好きです!

今年1年を振り返り・・感じたこと。浮かんだ言葉は

「文化消失」です。残念ながら・・・

文明とは「目に見えるもの」を意味し、文化とは「目には見えないもの」を意味します

日本はそれこそ「文明開化」以来、「目に見えるもの」が主流化し「見えるものは信用できる」が

「見えないものは信用できない・・・」という現実化主義の国民制になっていった気がします。

違う言い方をすると「自分は信じられるけど、他人は信じられない」「何もない時間だから携帯を触る、ゲームをする」

「良い結婚ならするけど、どうなるかわからないから踏み切れない・結婚はしない」「自分はこう思うから・・自分は・・・」

事件、事故、社会・・目や耳にする出来事で「文化消失時代」に突入した・・そんな気がした「令和元年」でした。

ちなみに・・・私は携帯が苦手で苦手で・・・テレパシーで会話したい!(笑)インスタしてるけど・・辛い(苦笑)

(読んでくださってる方、ごめんなさい🙇)

でも、京都に住んでるので新しいものを愛します!チャレンジ精神ですが・・(笑汗)

今年、ステキ!と思った話もしましょう! それは 令和天皇・皇后さま

日本は「年号」というもので時代が区切られています。象徴は天皇さま、皇后さま。

幾度となく求愛された天皇さまの一途な想いに打たれ皇后さま(当時・小和田雅子さん)は「結婚」を決意され宮家入りされます。

なんと素敵なラブストーリーでしょう!!(表現が失礼でしたらごめんなさい🙇)

なんと一途で男らしい天皇様でしょう!

その愛情と熱意を受け止められた美心の皇后さまでしょう!

天皇・皇后このお二人の愛の歩み方が「令和の愛」の見本なのだ・・

幸せの根源なのだと神様が伝えてくださっている気がします。

令和の「令」とは「いいつけ・決まりごと」などを意味し「和」は「なごむ、なかよくする」などの意味があります。

はじめはピン!とこなかったこの年号。だって政府や憲法に則って国をつくり豊かになりましょう!と政府中心の言葉に国民は直感で??がついたんです。きっと・・

私はふと想うことがあります。今の天皇・皇后さまが「年号」を決められてたら・・どのようになっていたのだろう(*´▽`*)と。

お嬢様に「愛子」と命名された愛いっぱいのお二人はどのような時代を望み国民のために考えられていたのかしら・・と

2020年は、自分や自己中心の気持ちではなく、想ってくださる方の声・愛に感謝感動し、その意に答え時代を導く・・

そんな年になることを祈っています。

今年も1年、たくさんの皆さまにお会いでき、また、インフィルを愛していただき深く深く感謝申し上げますm(__)m

本当にありがとうございました。

2020年

みなさまのもとにも素敵な愛が運ばれますように・・・崇高な美があふれますように・・

一年の感謝をこめて

2019年 12月31日   インフィルジャパン  MAKI