カテゴリー: メッセージ

2018年も本当にありがとうございました

2018年がもうすぐ終わろうとしています
この一年、皆様にとってどのようなお年でいらっしゃいましたでしょうか。
京都の清水寺さんが発表された今年の漢字は「災」でした。
確かに1月 東京では20㎝の降雪・仮想通貨流出 2月北陸・福井での豪雪
6月大阪震災 7月西日本豪雨 1年を通してパワハラ・セクハラなど、ニュースやTVを
通し起こる出来事にこころ痛まないことがなかったような気がします。

しかし・・よくよく掘り起こしひとつ一つをみると、半分以上は「人が発端で起こした出来事」
もしかしたら「天災」すら人の生活や起こした環境問題が影響しているといっても
過言ではないと思います。

私はものごごろがついた時から目には見えない皆さまとお話し、見えないもの
が見えていました。幼少期には映像で視えた数分先の未来を家族に伝えると、
毎回怖がられていました。
なぜ、わたしのようなものがこの世に生まれたのか・・
答えを出すことも私に与えて頂いた魂への道なのですが
霊医という立場やカウンセラーをさせて頂くと「私のような人間が必要としない社会が理想だ」
とつくづく感じてしまうのです。

2018年今年は特にそう感じました。
生きている皆さまも亡くなられている皆さまも「災い」の
スパイラルに入ってしまっているのではと。

昔の方はよく言われたものです。
「災い転じて福となす」
2019年 来年、清水寺さんが発表される今年の漢字は「福」であることを願い
今年1年を締めくくらせていただこうと思います。

2018年も本当にお世話になりました m(__)m
一人一人に皆さまとお顔を合わせ、お話させて頂けることが
どれほど私の魂に灯をつけてくださるか・・

感謝という言葉では言い表せません
来年も「インフィル」一同 皆さまがお幸せになって頂けるよう努めて参ります

よい年末をおすごしくださいませ

2018年12月31日  
インフィルジャパン  霊医・特別鑑定士  MAKI

2017年、本当にありがとう!

皆さまへ

2017年が幕を閉じようとしています。1年は365日もあるのに、過ぎ行く時間は本当に早く感じます。
この1年も沢山の皆さまに愛して頂きましたことインフィルメンバー一同、深く感謝致します。

2017年を一言で例えると「扉」という表現になると思います。
扉は誰の前にも存在します。しかし、人生で出会う扉はそう多くはありません。
また、扉の先には何が待っているかわからないものです。良い事なのか・・
はたまた、悲しいこと・苦しいことなのか
今年、アメリカではトランプ政権発足・15歳藤井聡太4段最年少29連勝・米朝問題深刻化・日本国技相撲見直しなどなど・・
いろんな動きに「扉の前に立った」といった気がします。
私に言えることは、すべての扉の向こうに待つものは「今までの積み重ねの未来」だということ。

私も2017年12月を迎え目の前に「扉」が現れました。良い未来への・・・数々の準備をしてきてよかった✩

人は「真実」を知りたい。しかし「事実」は受け入れたくはない。
「真実」には過去からの答えがあり「事実」は未来に向けてひかれているレールです。
扉の前に・・素敵なレールがひかれている人生を歩んでいただきたい。インフィル一同の願いです。

さあ!新しい年があなたを待ちうけています。
これからも私たちインフィルは皆さまが豊かで笑顔いっぱいの人生を迎えていただくために、全力で応援させて
頂きます。

2017年に感謝を込めて

インフィル 特別鑑定士

安らかに・・・

安らかに・・・

私の年代を明かすようなものですが・・・この時期になると「雨音はショパンの調べ」という言葉が浮かびます。
本来は曲のタイトルですが、残念ながら心に残るのは曲の方ではなく、この表現・言葉です。
私にとって6月は一年の半分を終へ、また、もう一つの折り返しの時を迎える時期。
半年間の痛みや悲しみ苦しみ等を流してくれる時期。
梅雨の雨、その雨音はあの「ピアノの詩人」と言わたショパンの美しく、ノスタルジックなロマン溢れる曲線のようだと・・この言葉から感じるのです。
美しい人とは「人・動物・・そして神に愛される人間」だと思っています。
自分の命・人生・時間を愛する者に捧げる。捧げ・導いている間に、自分の中の愛に目覚める。
そのすべてがそろった時に「一つになる」という奇跡が生まれる。
この奇跡はその道を歩んだものしか味わえない、また、何事にも変えられない・誰にもわからない・はかることのできないもの。
誰もが心の奥底で願っている・・・この命を燃やし・命を捧げられるほどの「愛するもの」と出会いたい。
その愛が、どのように自分の人生を変え・影響していくかを感じて生きてみたい。これこそが最高の人生なのだと。
小林麻央さん  私は、久しぶりに本当の愛に生きた方と出会えました。
すべてが美しい人。あなたと同じ時代・同じ時を過ごせたこと、感謝致します。
また、しばらくは・・・ショパンの調べがこの日本に響きそうです。
どうぞ 安らかにお眠りください。

インフィルジャパン 特別鑑定 霊医

インフィルメッセージ

忘れもしない2011年3月11日(金曜日)・・太平洋三陸沖を震源とした日本の観測史上最大規模の地震がありました。

その前日、私がお客様とお話をしていると学校から帰ってきた息子(当時中学2年)が焦った顔をしてこう言いました。
「お母さん、カラスの声聞いた!!??・・あぶない、あぶないって言っているよ!聞いた?」と。

私はこう答えました。「で・・・カラスは何があぶないと言っていたの?」

(息子)「・・・わかんない!」そんな話をしていました。

翌日、私はお客様とお会いするために大阪に向かう準備をしていました。

すると・・毎朝、ご飯を求めに来るすずめさん達が、出発しようとする車の近くから離れようとしないのです。
いつもはご飯をもらったら嬉しそうに飛び立っていくのに。

私は・・この瞬間に息子が聞いた「カラス」の声を思いだしました。

その時に天からの声が・・「受け止めなさい」
何か起きることを受けいれた瞬間でした。

先日2016年 4 月 14 日 21 時 26 分、 熊本県熊本地方を震源とする最大震度 7 の地震が発生しました。
みなさま、大変驚かれたことでしょう。

現在も地震の影響により家族と会えない方々、不安で苦しみや悲しみに耐えている方々、沢山いらっしゃると思います。
そして、天災にてかけがえのない命をなくされた皆様に深くお悔やみ申し上げます。

この1週間前に「湯布院」がテレビで映し出されました。その瞬間に自然のシグナルを感じました。

昔々・・人々は自然を神として崇めていました。そして、自然がすべてを導いてくれると信じ、崇拝していました。

私たち人間は、雨風等に丈夫な家を持たず、 また、 食を確保するために命をかけて生きている”自然動物”と比較すれば、「勘」に力の差が生じるのはあまりにも当然のことです。

人間間がどのような力で地球・自然と闘っても、強さはどちらが強いか・・・
母なる大地の偉大なる歴史と年数・経験力をみても、闘うだけ無意味だということはご承知だと思います。

そのエナルギーと命を、私たちは「食」に変えて幸せを頂いています。

感謝をカタチにしていく能力を持ち合わせたものを 、 私は「人間」と呼ぶのだと痛感しています。

自然に返し、継続して生きていくことこそ、自然と繋がり自然からのメッセージを受け取れます。

残念ながら・・非常に無力ながら、私は私の命と魂の管理者であり、皆さまの命を動かせる力は持ち合わせていません。

皆さまには皆さまの、素晴らしい自然の恵みを食せることで高め得た”動物的本能”をお持ちです。

鳩は磁気を感じ、自分の向かうべき方向を決めるといいます。

自然の大地の上に住まわせて頂いている以上、避けることの出来ない「天災」・・
「何故?」は残念ながら意味を持ちません。

ただ・・これから起きる天災が起きる場所を、避けることは可能だと思います。

いつの時も後悔しない時を過ごして頂きたい。とインフィル一同願っております。

再度、現在、九州地区にいらっしゃるみなさまに平穏が訪れますように。祈り続けます。

また、命あるみなさまの人生が豊かな時をすごせますように願い続けます。

2016年4月19日(火)  
株式会社 In Fill JAPAN 代表

2015年の感謝を込めて インフィル

インフィルから皆さまへ

2015年、一日一日は充実し噛み締めて過ごしていたはずなのに振り返れば「一瞬」のように感じます。
皆さまはいかがお過ごしでしたか・・・

自然がいっぱいの福井から引っ越してきた京都の1年は、1日たりと海外の方に会わない日はない・・といってもいいほど「国際的」で「感応的」な時間です。

市民の皆さまも、海外の方や観光客がいらっしゃって当たり前。なんです。世界旅行に行きたい都市ナンバー1としては当然といえば当然のことなのでしょうが。
私はその「広さ・想い」がとてもお勉強になっています。そして京都3年目にして「自然」になってきた気がします。

大晦日の今日は京都・御池にある「六角堂」に慰霊に行かせていただきました。六角堂は聖徳太子が仏のお告げを受け創建されたお寺です。正式名を「頂法寺」といいます。

日本から世界にむけ六角方向に手を合わせてきました。皆さまの苦しみが癒されますように。人生の頂点が迎えられますように。

2015年、皆さまにはいろんな出来事・悲しみ・喜びが起こられたことと思います。時には愛おしい時間に埋もれたこともあったでしょう。また、悲しくて悲しくて・・泣いても泣いても心が彷徨った時・・そして嬉しくて勝手に顔が ほころんでしまった時。皆さまの人生すべてを私たちに伝えてくださり共有してくださったこと、本当に感謝致します。

あと、数時間で2016年、新たな年を迎えようとしています。

インフィルは願います。どうぞ、皆さまの人生において喜びが増しますように。沢山の方々と沢山の愛を育まれますように・・・
新年がすばらしい1年でありますように。

幸せと皆さまが一体でありますように。

2015年12月31日   インフィルジャパン

インフィルより新年のご挨拶☆

みなさま☆2013年あけましておめでとうございます。

静かな新年の幕開けとなりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

今年も、スタッフ一同、みなさまとお会いできますこと楽しみにしております☆

インフィル ジャパン★