月別アーカイブ: 2013年1月

インフィル通信Vol.3

いつもご覧いただきありがとうございます(^^)
スタッフ白崎より『インフィル通信 Vol.3』をお届けさせていただきます。
ぜひ最後までお付き合いください<m(__)m>

毎年インフィルでは、年末・年始は、神様や亡くなった方々へ、お礼やご挨拶に神社仏閣に足を運ばせていただいております。
2012年のラスト12月31日は昨年の漢字「金」にちなみ・・「臨済宗・金閣寺」へ
そして、新年2013年1月1日には「北野天満宮」に行かせていただきました。
新たな歩みに「まっすぐに励む」そんな気持ちをこめて・・・(^^)
そして、2013年インフィル初めには、京都と福井で新年を迎えさせていただいたこともあり、それぞれの地にて、ご挨拶に向かわせていただきました。

わたくしとYUUYA先生は、福井市の「黒龍神社」へ。
今年は’巳年’でもありますので、’巳(蛇)’にちなんだところに行ってまいりました(*^^)

黒龍神社には龍神が祀られており、昔から小龍(蛇)は神様の使いと伝えられる生きもので、力強さの象徴であり、幸運と健康と豊穣を運ぶ小龍(蛇)とされています。

この’巳’をあしらった「幸運の撫で石」が境内にあり、こちらでは、震災からの復興の祈りを、本殿では、今年1年はじまりのご挨拶をさせていただきました。

ここで豆知識をひとつ、、、

「巳」(み、し)という字は、胎児の形を表した象形文字で、蛇が冬眠から覚めて地上にはい出す姿を表しているとも言われ、「起こる、始まる、定まる」などの意味 があります。
また、蛇は脱皮をすることから「復活と再生」を連想させ、餌を食べなくても長く生きることから「神の使い」として崇められたとのこと。

2013年の干支は、十干と十二支を組み合わせると”癸巳(みずのと・み)”となるそうで、去年に始まった新しい動きが成熟し、収穫期を迎える年になるそうです。

みなさまにも、社会にも、収穫ある年になることを願って・・・(*^_^*)
また、京都組のTAIRA先生とMAKI先生は「清明神社」へ・・・
そう、あの陰陽師で有名な「安部清明さん」。
「晴明公にお祈りすれば、不思議な霊の利益を受ける事ができ、様々な災いから身を守り、病気や怪我が治る…」そうした評判が多くの人々に語り継がれています。
このようなご時勢だからこそ・・・少しでも皆様にパワーが伝われば。。。
京都メンバーの願いです。

『インフィル通信』にて、今年もたくさんのお知らせをさせていただきますね(^u^) 次回をお楽しみに☆

冬真っ只中です。
どうぞ暖かくしてお過ごしください。

インフィル ジャパン★
白崎